応募する

仕事について知る

WORKS

ケアマネジャー

ケアマネジャー:イメージ
東京建物シニアライフサポートの企業理念の一つ「その方らしく」にも通じますが、ご利用者の「自立」「自律」を意識して「ご利用者としての自立、生活の中での自立」の調和を図りながら「ケアプラン」を作成するお仕事です。相談・援助だけではなく多職種連携の体制づくり、給付管理も重要な業務です。
ケアマネジメントは基本プロセスに即して、P(Plan→計画)、D(Do→実行)、C(Check→評価)、A(Act→調整)の循環サイクルで継続的に支援します。

ケアマネジャーについて知る

  1. まずは「PDCA」サイクルの「P」(Plan→計画)
    専門的な観点から利用者の真のニーズをとらえ、中長期的な視野を持ち援助目標を明確にします。そして利用者の状況の変化に対応しながら継続的に利用者をご支援するための、まずは計画づくりになります。
  2. 「D」(Do→実行)と「C」(Check→評価)
    実際にサービス提供が始まると、併設する訪問介護事業所のサービス提供責任者等と連携しての業務が中心となります。他の専門職との連携から学べることが多いこともグレイプスライフ居宅支援事業所の魅力です。
  3. 「A」(Act→改善)
    入居者は疾病の影響などから身体状況が変わりやすい方もいますので、かかりつけ医や訪問看護ステーションとも連携しながら適宜ケアプランの見直しを実施しています。
    そしてご家族やキーパーソンとも確実に共有を行います。
ケアマネジャー:イメージ
グレイプスライフ居宅介護支援事業所では、訪問介護事業所のサービス提供責任者と連携を取りながら利用者のアセスメントを行っていきます。
ご利用者やご家族のご意志を基本としながら、「住まい方」や「生活支援の方法(家族や地域の資源等)」を加え、介護サービスを提供していくプランニングは、介護保険の考え方に基づき行っています。お一人お一人のご利用者が、「自分らしい暮らし」を継続できるように適切なプランの立案を行うことを意識しています。
ケアマネジャー:イメージ
グレイプスでは毎日朝・夕にケアマネジャー、サービス提供責任者、コンシェルジュ等の専門職が参加する申し送りを行っています。申し送りは入居者の情報を共有する重要な機会です。立案したケアプランの実行状況の確認をスムーズに行うことができます。行われる朝夕の申し送りは入居者の情報を共有する重要な機会です。情報収集のツールです。
また、ケアマネジャーはグレイプスで開催するイベントに参加し、入居者の日頃のご様子を観察することを欠かしません。毎月のモニタリングでお聞かせいただく内容と合わせて総合的な視点で支援の方向性を検討します。
ケアマネジャー:イメージ
上記一連の流れは、システム上で情報管理をおこなっています。居宅支援の管理者ならびに支配人が情報を把握している為に、担当プランのケアマネジャーが不在でも事業所として正確な指示をだし、ご利用者に途切れないサービスを提供することができる体制となっています。
お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせはこちら

事業所住所

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-9-9(東京建物本社ビル6F)

トップへ