応募する

社員について知る

INTRODUCTION

STAFF INTERVIEW

スタッフインタビュー

コンシェルジュ
(住宅チームリーダー)

花ヶ崎 百恵

スタッフから一言

グレイプスでの日常を楽しく過ごせるように
いろいろと考えることが、私たちの仕事です。

コンシェルジュ
(住宅チームリーダー)

花ヶ崎 百恵

スタッフから一言

グレイプスでの日常を楽しく過ごせるように
いろいろと考えることが、私たちの仕事です。

イベント企画で活躍するコンシェルジュ

コンシェルジュは、東京建物シニアライフサポートが運営するサービス付き高齢者向け住宅「グレイプス」の受付でフロント業務を主として行いながら、時にはご入居者のお宅に定期訪問して日常のお困りごとやニーズを聞きくなどご入居者の状況把握を行う業務をしています。ご入居者はもとより、ご家族、ケアマネジャー、ドクター、ナース他様々な関係者がご入居者と日々関わっていますのでそうした方々とご入居者の接点を担う役割もしています。また、グレイプスでは、ご入居者に楽し過ごして頂けるように、定期的に様々なイベントが開催されています。そのようなイベントの企画を考えるのもコンシェルジュの仕事です。イベントは他の施設などでも行われていますが、グレイプスでは地域との「繋がり」を重視したイベント活動を行っています。

例えば、近所の方々、ボランティアの方々などを呼んで、ハロウィーンパーティーを行うこともありました。準備作業の時は、われわれコンシェルジュも手伝いに入ります。ハロウィーンで使用するかぼちゃのランタンも、前もって、入居者様の手で掘ってもらったり、私たちコンシェルジュが手伝ったりして制作しました。当日は、区の社会福祉協議会に登録しているボランティアの方、近所の方、ヘルパーさんなどに協力して頂き、私たちコンシェルジュも加わり、イベントを盛り上げていきました。イベントは月1回程の頻度で行われています。四季折々のイベントを企画して実行していくのも、いいのではないかなと考えているところです。また、グレイプス大森西では、自立している方も多く、生活を楽しむ活動に協力してくださる方もいらっしゃいます。マージャンや将棋が好きな方同士で集まって、詳しい方がリーダーになり、最近では、ご入居者主催のクラブ活動のようになっています。一緒にやる人が集まらない日は、教えてもらいながら、スタッフも参加しています。

イベント企画で活躍するコンシェルジュ:イメージ

ご利用者様のニーズを理解することの大切さ

受付業務、定期訪問、イベントの企画を行っているコンシェルジュですが、1日の中でメインとなる活動は、「お客様のご要望をしっかり聞く」ということです。エントランスに来て下さったご入居者にご対応したり、電話にご対応したりしています。また、「電気がつかない」、「こういうことに困っていて…」といった相談を受けることもあります。先日は、「床屋さんに行きたいんだけれども…いいと思う床屋に連れて行って」というご要望がありました。よくよくお話を聞いてみると、「部屋まで来てくれる床屋でそれは良かったんだけど、その床屋はひげまでは剃ってくれなかったんだよ」ということでした。こちらのご入居者にとっての「いい床屋」はひげまで剃ってくれる床屋だったのです。ご要望に応えるために、床屋を調べ、見つけた床屋をお伝えし、後日ヘルパーさんと髪を切りに出かけられました。帰り際にフロントに寄ってくださり「さっぱりしたよ」と感想を伝えた頂いたときには、「お役立ちできて良かった」と思いました。また、定期訪問では、小さな変化に早く気付くことができます。
一見元気そうにしている方であっても、お部屋からなかなか出てこられないということもあります。お宅に訪問してみると、部屋が散らかっていたりすることがあり、認知症の早期発見につながることもあります。

コンシェルジュの仕事には、答えがありません。旅行に行きたいと言っても、近くでも良いという方、海外に行くのが夢だという方、本当はご家族のいる家に帰りたいという方、様々な方がいらっしゃいます。
すべてのご要望に応えることは難しいのですが、どこまで応えてさしあげるのかというところが考えどころです。ただ、グレイプスは介護を提供する為の空間ではなく、サービス付き高齢者向け住宅という、ご入居者にとっての「住まい」であるということが重要です。もし、ご家族のいる家に帰りたいという方がおられたとしても、ここが自分の住まいであると思ってもらえるよう、楽しんで過ごして頂けるような施策を考え、関係者と連携して実現させていくのが、私たちの仕事だと考えています。


コンシェルジュは、高齢者の方と関わりたいという方、コミュニケーション能力が高い方に向いているお仕事です。介護のお仕事は、身体的な負担で諦めてしまう方もいますが、コンシェルジュの場合は、いかにコミュニケーションがとれるか、どうすればご入居者に寄りそえるか、このように考えることが好きな人には向いていると思います。社会福祉士の資格を持てあましている方にも是非挑戦して頂きたいですし、生活相談員の経験がある人もその経験が活かせると思います。私自身、社会福祉士ですが、コンシェルジュは社会福祉士としての学びが活かされる役割だと感じています。また、アイディアが必要なお仕事ですので、違う職種で活躍されていた方にもお勧めの仕事です。たまたまヘルパー2級の資格を取ったという方でも良いと思います。

何事も自分で作っていく仕事なので、受け身ではなくて、自分からどんどん発信していき、それが帰ってくる。こんな働き方にやりがいを持たれる方はこの仕事の楽しさを感じられるはずです。そんな方がたくさん仲間に加わり、私たちの職場をより盛り上げてくれるといいなと思っています。

ご利用者様のニーズを理解することの大切さ:イメージ ご利用者様のニーズを理解することの大切さ:イメージ

SCHEDULE

スケジュール

  • 08:30 10:00

    出社、朝の申し送り、フロント業務、デイサービスお見送り

    8時30分に出社し、申し送りを聞いてからフロント業務を行います。

  • 10:00 12:00

    定期面談、フロント業務

    定期的に面談を行い、ご入居者のご様子をうかがいます。

  • 12:00 13:00

    昼食

    昼食の時間も、ご利用者様と交流します。

  • 13:00 16:30

    フロント業務、外出アクティビティお見送り、給食業者さんとの打ち合わせ

    外出されるご利用者様をお見送りし、外部業者さんと打ち合せも行います。

  • 16:30 18:30

    夕の申し送り、クリーニング受け渡し、退社

    クリーニングの受け渡しもコンシェルジュが担当しています。

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせはこちら

事業所住所

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-9-9(東京建物本社ビル6F)

トップへ