有料老人ホームとの違い

トップ > 有料老人ホームとの違い

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違いとは?

サービス付き高齢者向け住宅の主な特長 有料老人ホームの主な特長

一般的な『サービス付き高齢者向け住宅』と『有料老人ホーム』の比較

  サービス付き高齢者向け住宅 有料老人ホーム
契約形態 賃貸借契約 or 利用権方式 利用権方式
入居時の費用 敷金(低額)
※原則、退去時に返還されます。
入居一時金(高額)
※一般的に、入居時に2~3割が償却され、残額は前払い家賃として
数年間で償却され、退去時の払戻金が逓減します。
月額費用 家賃・共益費:約10〜30万円 月額利用料:約15〜30万円
利用対象者 60歳以上の高齢者 60歳以上の自立高齢者と65歳以上の要介護認定者
生活感覚 プライバシー重視 共同住宅感覚
介護サービス 外部の居宅サービス利用
食事サービス

※一般的な比較表ですので、詳細情報につきましては、各物件・施設に直接お尋ねください。

「サービス付き高齢者向け住宅」は、こんな“ご家族の方”にもおすすめです!

・両親にはできるかぎり自由に今までと変わらない生活を送ってほしい。
・同居はお互い気兼ねしてしまうが、会いたい時にすぐ会える環境がいい。
・両親のことが心配だが、本人が「施設は嫌」だと言っている。

・親を一人にするのは不安だが、仕事もあるのでいつも一緒にいられない。
・施設への入所も考えたが、家族や親戚から反対の意見が出ている。

東京建物不動産販売(株)グレイプスお問合せセンター 0120-082-005 営業時間:10:00~17:30 定休日:水・木曜日